北鎌倉たからの庭

About us

aboutus.jpg

北鎌倉駅から徒歩約10分、浄智寺さんの谷戸の奥。
鎌倉石のアプローチをあがると、緑の中にポツンと築85年余の古家が建っています。
シェアアトリエ<たからの庭>は、鎌倉らしいライフスタイルに出会える癒しの場所。
あなただけの、とっておきの“宝物”を見つけて下さい。

 

母屋パンフ.jpg母屋パンフ_4.jpg母屋パンフ_3.jpg

運営者 鎌倉古民家バンク 島津克代子
※鎌倉の古民家を活かす街づくりを目指し、活動している非営利団体です
運営協力 NPO法人Takara鎌倉
※鎌倉の宝ものを発見し、発信していくことを目的に活動するNPOです。
スペシャルサポーター 鎌倉五山第四位 臨済宗円覚寺派 金寳山 浄智寺
ホームページ 

 

 

 

たからの庭の歴史
鎌倉・室町時代 1281年(鎌倉時代)浄智寺創建
浄智寺は大きな禅寺として発展し、現たからの庭の敷地一帯までお寺の施設が立ち並び、何百人もの禅僧が修行しながら生活する場であったと思われる。
江戸〜大正 多くの鎌倉の寺院と同様、浄智寺の規模は縮小し、たからの庭界隈は畑や野原になっていた。
大正12年 関東大震災で浄智寺の施設が倒壊したことを契機として、谷戸一帯を開拓して文化人たちが居を構えはじめる。
昭和 昭和9年 宝庵のもととなる茶室が現在地一帯に創設される。
昭和10年頃 たからの窯のもととなる「鎌倉陶苑」が創設される。
昭和15年 現在のたからの庭・母屋が建てられる。
昭和30〜40年頃まで 女流陶芸家 久松昌子さんのもとで多くの陶芸作品が作られる。
そののち、久松さんのご親戚にあたるご家族が手入れをしながら住まわれる。
平成 平成21(2009)年10月 シェアアトリエハウス・たからの庭としてリニューアルオープン。
平成30(2018)年4月 隣接地に、茶室・宝庵がリニューアルオープン

 

たからの庭ストーリー

 

+ たからの庭の写真をもっと見る